GWに道後温泉に行ってきました(2017年5月)

愛媛県の道後温泉に久しぶりに訪問しました。

道後温泉は、「日本書紀」にも登場するわが国最古の温泉です。道後温泉のシンボル「道後温泉本館」は、どっしりとした構えの本館上の振鷺閣(しんろかく)には伝説の白鷺を据え、また毎朝6時に太鼓の音で開館を告げるなど、歴史ある温泉情緒をかもしだしています。アルカリ性単純泉の湯質は、きめ細やかな日本人の肌にピッタリのなめらかなお湯で、湯治や美容に適しています。聖徳太子から夏目漱石、正岡子規など多くの文人墨客(ぶんじんぼっかく)が訪れました。
(出典:道後温泉物語 http://www.dogo.or.jp/pc/)

まずは、成田空港第3ターミナルから、LCCのジェットスター航空に乗って、一路、松山空港へ。便名:JJP405 05月03日、出発:成田(10:50)、到着:松山(12:40)。券種:特割SPで、片道大人:24,230円でした。

往路:成田空港から、LCCのジェットスターにて松山へ

次に、空港から道後温泉へ。まずは、JR松山駅までバスで約15分、310円で移動。それから、坊っちゃん列車で道後温泉駅まで移動。ちょっと高くて800円。だけど、夏目漱石が「坊っちゃん」で書いているように、マッチ箱のようなちっちゃな列車で風情があります。

坊っちゃん列車

道後温泉駅前で、からくり時計が、出迎えてくれました。

からくり時計

商店街を約10分歩いて、道後温泉本館に到着。古い建物で味わいがあります。神の湯の入浴だけだと、410円と安い。だけど、お風呂の中には、石鹸もシャンプーも備え付けていませんので、自分で持っていくか、購入する必要があります。普通の銭湯と同じです。

道後温泉本館の正面
道後温泉本館の横

宿は、道後温泉本館からも近い「大和屋本店」にしました。3名1室で、22,680円/名でした。
評価:★★★★(温泉、食事、立地、設備、サービスともに問題ありませんが、GW中でバーが運営していなかったのは残念でした)

宿泊:道後温泉「大和屋本店」

近くには、日露戦争で活躍した秋山兄弟の旧宅、子規堂などがあり、楽しいです。夏目漱石が松山中学の英語教師として滞在した時の体験をモデルにしたと言われている「坊っちゃん」、秋山兄弟や正岡子規について書いている司馬遼太郎「坂の上の雲」を読み返してみたいと思いました。

秋山兄弟の旧宅
子規堂

コメント

非公開コメント

プロフィール

TOMO2126

Author:TOMO2126
温泉旅行とグルメ探訪が大好きです。温泉地に旅行し、美味しい食事とお酒を楽しむことをこよなく愛します。1週間の仕事が終わった金曜夜は、美味しい食事とお酒を求めて、東京の街を探訪します。お寿司、お魚、焼鳥、ジビエが好きです。ジャズも好きで、青山、六本木のライブハウスにも顔を出します。私の体験記をご紹介します。

都内の某IT企業に勤務する会社員。総合旅行業務取扱管理者。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR